テトロドトキシン 【歴史から毒性・作用機構まで】

テトロドトキシンは「フグ毒」として広く知られている海産毒素の一つ。フグの他にもハゼ科のツムギハゼ、アカハライモリなど自然界のさまざな生物が持っています。最近ではテトロドトキシンを持つヒョウモンダコが観光地の海で見つかり、注意勧告がされています。(福岡市 ヒョウモンダコにご注意ください)

フグ毒の歴史


英考塾

フグ毒と日本人との関わりは深く、縄文時代に遡ります。北海道から沖縄まで日本各地の遺跡や貝塚からフグの骨や歯が出土しています。例えば千葉県市川市にある縄文時代の遺跡(姥山貝塚)からはフグの骨を囲んだ状態で発掘された5人家族の人骨が見つかっており、この家族はフグ毒により中毒死したとされ(諸説あり)日本人とフグ毒が古くから関係していることを示唆しています。

このように古くから日本人に好まれて食べられていたフグですが、その毒性ゆえに数多くの食中毒を起こしてきました。こうしたフグの持つ毒性から安土桃山時代に初めてフグ食を取り締まる令が出されました。出したのはかの有名な豊臣秀吉。朝鮮出兵の際、途中で立ち寄った下関の辺りで多くの家来がふぐを食べて死んでしまったのを機に、秀吉は家来にふぐを食べないよう、「河豚食用禁止の令」を出しました。

その後江戸時代でも武士に対してはフグ食を禁止する藩が多くありました。しかし、フグの美味しさには敵わず、河豚汁というフグの身を入れた味噌汁が武士の間で密かに食べられていました。武士の命は君主に捧げるものとされていた当時、欲に負け、フグごときと命を引き換えにするとはなにごとか、ということで、中毒死した場合には罰則として御家断絶の措置を取った藩もあったといわれています。

明治維新後もフグ食禁止令は続き、当時の政府も、「河豚食う者は拘置科料に処する」とした項目を含む違警罪即決令を発布しました。しかし間も無く、とある人物によりフグ食が解禁されていくことになります。

Wikipedia-伊藤博文

1888年に初代内閣総理大臣である伊藤博文が下関を訪れた際、とある料亭で食べたフグ料理の美味しさに感動しました。そこで当時の山口県知事に働きかけたことで、山口県下ではふぐ食が解禁されました。当初、フグ料理の解禁は山口県限定でしたが、徐々にでフグ料理が広まっていき、太平洋戦争後には全国でフグの禁止令が解除されました。

構造

化学式:C11H17N3O8
分子量:319.27

グアニジノ基と 2,4-dioxaadamathane 骨格を含む複雑な化学構造を持ちます。

1909年に田原良純(東京帝国大学)によって単離されました。その際、その毒を有するフグが4つの歯を持つことに基づいてtetro(4)とtoxin(毒)を合わせたTetrodotoxinと名付けられました。

その後、1964年に平田義正(名古屋大学)、津田恭介(東京大学)、R.B. Woodward(Harvard大学)の3グループによって独立して構造決定に成功しました。

1972年には岸義人ら(名古屋大学)によってラセミ体の全合成が達成され、2003年には磯部稔・西川俊夫(名古屋大学)らと J. Du Bois(スタンフォード大学)が別々に初の不斉全合成を達成しています。

毒性・作用機構

テトロドトキシンは非常に強い毒性を示すことが知られています。経口摂取の場合、窒死量は1~2mgと言われています。青酸カリの850倍です。300ºC以上に熱しても分解しないためにフグを熱湯などの熱処理をしたとしても毒性は失われません。

テトロドトキシンは,ごく低濃度で神経や筋肉細胞の電位依存性ナトリウムチャネル(Na+チャンネル)を高選択的に阻害することができます。Na+チャンネルとは細胞の内外をナトリウムイオン(Na+)が出入りするための穴のようなものでここが塞がれてしまうと細胞機能が正常に機能しなくなるために、四肢のしびれ,知覚麻痺,言語障害,呼吸困難など を呈し,重篤な場合は呼吸麻痺で死亡してしまいます。

テトロドトキシンの有するグアニジノ基がNa+チャンネルと強い相互作用を示す一方で他の骨格が大きすぎるために穴を完全に塞いでしまうためこうした阻害効果が発現します。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です